月うさ畑から

「あまい!」です。
月うさ畑の大豆は、こんなに育ちました。
畑班の皆さんのお陰です。
10月2週目ぐらいから、月うさの食事に出せるかなぁー
IMG_2559.JPG
IMG_2561.JPG

日々のこと。

今日は仕込み日
外は雨と風。

美味しい山栗のミルクティが出来た!
IMG_2532 (2).JPG
ひたすら栗をむいて、クリームを作る。
IMG_2527.JPG

IMG_2522.JPG
カレーもたくさん仕込みました。
ひたすら玉ねぎを切って、煮込む。
今日は、トマトを入れた。
月うさの畑で採れた生姜もたっぷり入れて、
ふつふつ部屋中がいい匂い。
トマト入りカレー。ルンですよ。
トッピングは青茄子の丸ごとフライ。
スプーンで青茄子をトツトツ潰して
カレーと混ぜて食べる。
基本は辛味なし。
お好みで、青唐辛子or赤唐辛子を入れれます。
和梨のチャツネが付きます。
1600円です。

栃の実をひらう。

IMG_2389.JPG
自宅の山に(自宅が山の中にある)、土地に合う広葉樹を植樹してから30年近くなる。
やっと栃の実が30個ぐらいできるようになった。
栃餅が大好きで、ずぅと、自分で作りたかった。
少しだけど、お正月に作ろうかな。

もしかしたら栃の実の薬を作るかも。
ずいぶん前、青森の市で地元のおばあちゃんが、瓶に詰めて売っていた。
三角葡萄も入っていて、その青やピンクのぶどう色がきれいで、
瓶の中が、どこか別の世界のように思えた。
地べたにござを敷いて、「これが打ち身に効くんだ」というおばあちゃんにも、
どこかに連れていかれそうな雰囲気があった。
ずいぶん経ったけど、まだ記憶のどこかに、薬売りのおばあちゃんがいる。

今日は山でマタタビの実の収穫をしました。

今年は収穫時期が、ぴったりで
大きくて、緑がさえていて、
実もしっかりしている。
山の谷で連れ合いと二人で採っていると
近所の子供たちの散歩に出くわす。
にぎやかな、熱い収穫のはじまり。
笑。
山の実りを分けていただいて
暮らす私たち。
山を好きで、
大切にする大人に育ってほしいと思う。

またたびは塩水漬けにして
冬には月のうさぎの食卓に出てきます。
お楽しみに!

IMG_2254.JPG
IMG_2260.JPG
IMG_2265.JPG
IMG_2261.JPG
IMG_2267.JPG
IMG_2270.JPG

月うさの大切にしていること

5671-1.JPG
月のうさぎには、大きな窓があります。
お客様に、人気の窓です。

お料理が運ばれてくるまで
お席に座って、
本を読んだり、
外の景色をぼんやり、楽しんで頂いています。

風に揺れる木々の動き、
鳥の鳴き声、
光の揺れは
自然の本来の時間の移りです。
少しずつ、身体かほぐれていきます。

大きな窓は、人を自然の時間につなぎます。

お食事もゆっくり、楽しんでください。
お待ちしております。